介護のスペシャリスト、介護福祉士とは

介護福祉士資格について

日常生活に扶けが必要な高齢者や障害者に対して食事や入浴などの介護を行う専門的な知識や技術を持つ人を介護のプロとして認める国家資格が介護福祉士です。介護職のスキルアップを考えている人に最適の資格ですが、筆記試験と実技試験にクリアしなければいけません。資格取得までのポイントを具体的にご紹介していきます。

サイト立ち上げのきっかけ

高齢化社会の日本では扶けを必要とする高齢者や障害者の人が増え続けていますが、それに対する介護職員の不足は社会問題となっています。そこで、介護の職場で働く人のレベルアップと介護業界に興味を持つ他業種の人たちに介護福祉士という国家資格をご紹介するとともに、介護業界への転職のきっかけにしてもらおうと本サイトを立ち上げました。本サイトへの問い合わせはbe_a_careworker@yahoo.co.jpまでお願いします。

介護福祉士資格について

介護福祉士資格について

介護福祉士資格について

介護のスペシャリスト

介護のスペシャリスト15/11/06

今後、将来性が見込まれる介護業界で働こうと考えるなら、介護福祉士の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。介護福祉士は介護のプロとして認められる確かな国家資格で、介護のスペシャリストとして、あるいは介護福祉業界の第一線のリーダーとして期待されている役割を担える人材が保有するものです。この資格を取得することによって職場の選択肢も増えて、自分に合った仕事を探すことができます。そんな介護福祉士の資格にチャレンジしてみてはどうですか?介護のスペシャリスト

筆記試験は全科目で得点を

筆記試験は全科目で得点を15/11/06

介護福祉士の国家試験を受験しようと考えている人に向けて出題基準や合格基準などをご紹介します。先ず押さえておきたいのが、筆記試験についての対策でしょう。「どのような問題が出るのか?」「注意するポイントはどこなのか?」などなど、知っておくべき筆記試験の出題基準や合格基準などをご紹介します。ポイントを押さえた勉強をすることで、合格へ一歩近付くことでしょう。万全の対策をすることで筆記試験をみごとにクリアして、実技試験へはずみをつけましょう。筆記試験は全科目で得点を

実技試験は「普段通り」を意識

実技試験は「普段通り」を意識16/01/26

「筆記試験が終わったぁ~!」と安心するのも束の間、次に待ち受けるのが実技試験となります。実技試験は、試験委員が見守るなかで行われるため、緊張してしまってなかなか思いどおりにできないという人も多いようです。そんな実技試験について、合格基準の明示から試験対策と過去問などをご紹介したいと思います。ポイントを押さえて、実技試験対策を強化することで、介護福祉士として確実な合格を目指して頑張っていきましょう。
実技試験は「普段通り」を意識

まずはチェック!

ページTOP