やりがいを感じられる介護の仕事

介護福祉士資格について

日常生活に扶けが必要な高齢者や障害者に対して食事や入浴などの介護を行う専門的な知識や技術を持つ人を介護のプロとして認める国家資格が介護福祉士です。介護職のスキルアップを考えている人に最適の資格ですが、筆記試験と実技試験にクリアしなければいけません。資格取得までのポイントを具体的にご紹介していきます。

サイト立ち上げのきっかけ

高齢化社会の日本では扶けを必要とする高齢者や障害者の人が増え続けていますが、それに対する介護職員の不足は社会問題となっています。そこで、介護の職場で働く人のレベルアップと介護業界に興味を持つ他業種の人たちに介護福祉士という国家資格をご紹介するとともに、介護業界への転職のきっかけにしてもらおうと本サイトを立ち上げました。本サイトへの問い合わせはbe_a_careworker@yahoo.co.jpまでお願いします。

やりがいがある

やりがいがある

LINEで送る
Pocket

感謝される仕事

介護の仕事に携わる中で、やりがいを感じられるのが「ありがとう」という感謝の言葉。直接相手から「ありがとう」を受け取れるのは、人に寄り添い、人の役に立てる介護職ならではの特権だといえます。実際に現場で働く人の中で、「あなたにお世話をしてもらえて嬉しい」「いつもありがとう」とひと声かけてもらえることが「頑張ろう」と思えるモチベーションになっている人は多くいらっしゃいます。
また介護は、利用者さんだけでなく、利用者さんのご家族からも感謝される仕事です。日々懸命に働いてたくさんの感謝を受け取ることで、大勢の人の暮らしに貢献できていることを実感できるはずです。

人間として成長できる

介護の現場では、介護スキルのみならずその人の人間性も大きく磨かれます。 介護の主な仕事は「人と接すること」。その中で利用者さんに受け入れられる存在になるには、相手の気持ちを汲み取り、理解しようとする姿勢が大切になってきます。相手の気持ちを考えて優しく寄り添う、という真摯なケアを積み重ねていくことで、人を思いやる温かい接し方を会得することができるのです。また、利用者さんに限らず、ご家族や同僚と接する機会も多いため、立場に応じたコミュニケーション力を磨くことが可能です。
また、お年寄りの価値観に触れるということも自身に大きな影響を与えます。世代を超えた繋がりが希薄な今、人生の先輩の意見を聞けるのは大変貴重な機会だといえます。利用者さんにちょっとした悩みを打ち明けてみると、目からウロコのアドバイスがもらえるようなこともありえます。現場でお年寄りと深く関わる中で、幸せに生きる教訓を学べるかもしれません。

介護に向いている人とは?

介護の仕事では、利用者さん一人一人にしっかり寄り添うことが重視されます。そのため、まず第一に「人のお世話が好き」という人が向いているといえるでしょう。また、利用者さんに信頼される存在になるには、「聞き上手」であることも大切なポイント。利用者さんの声にしっかり耳を傾けることで、だんだん心を開いてくれるようになります。
それに加えて、体力に自信があることも大事です。介護現場では、利用者さんを支えたり抱えたりする力仕事がたくさんあります。利用者さんが安心して身体を任せられる相手になる、という意味でも体が丈夫であり健康的に働ける人が求められるのです。

まずはチェック!

ページTOP