介護業界の求人に応募しよう

介護福祉士資格について

日常生活に扶けが必要な高齢者や障害者に対して食事や入浴などの介護を行う専門的な知識や技術を持つ人を介護のプロとして認める国家資格が介護福祉士です。介護職のスキルアップを考えている人に最適の資格ですが、筆記試験と実技試験にクリアしなければいけません。資格取得までのポイントを具体的にご紹介していきます。

サイト立ち上げのきっかけ

高齢化社会の日本では扶けを必要とする高齢者や障害者の人が増え続けていますが、それに対する介護職員の不足は社会問題となっています。そこで、介護の職場で働く人のレベルアップと介護業界に興味を持つ他業種の人たちに介護福祉士という国家資格をご紹介するとともに、介護業界への転職のきっかけにしてもらおうと本サイトを立ち上げました。本サイトへの問い合わせはbe_a_careworker@yahoo.co.jpまでお願いします。

求人に応募しよう

求人に応募しよう

求人に応募しよう

質問を想定して面接に挑む

質問を想定して面接に挑む15/11/06

介護業界は深刻な人手不足が続いていますが、応募すれば誰もがみんな採用されるとは限りません。履歴書を完璧に書いて、面接で上手くいったと思っていても、面接官に働きたい気持ちが伝わっていなければ、内定をもらうことはできないでしょう。面接官は「長く働いてくれる人かな?」「人間関係は上手くできるかな?」など、あなたのことをチェックしてします。そこで、これから面接に臨む人に向けて、面接での心得をご紹介したいと思います。質問を想定して面接に挑む

熱意を伝える自己PR

熱意を伝える自己PR16/03/02

求人応募に欠かせないのは履歴書です。その履歴書に必ず記載しなくてはならないのが自己PRです。この自己PRは、採用の可否に大きく影響する重要な項目となっています。自己PRに大切なのは熱意と情熱、そしてやる気が面接官にきちんと伝わるように書くことです。しかし、この自己PRを書くのが苦手という人が意外と多いようです。そこで、自己PRでチェックするポイントや、自己PRの例文を職種別にご紹介したいと思います。熱意を伝える自己PR

優良事業者を見極める

優良事業者を見極める17/07/05

介護福祉士の資格を取得したら、次は転職・就職活動の始まりとなります。介護職の求人を探す方法はハローワークや新聞の求人欄、情報誌など、さまざまにありますが、現在一般的なのは、インターネットの求人情報サイトを利用することでしょう。求人情報サイトでは、医療法人や民間の企業の経営する施設の求人が多く載せられており、幅広い求人情報から自分に合った職場を探すことができます。そこで、介護業界で優良事業者を選ぶポイントをご紹介したいと思います。優良事業者を見極める

まずはチェック!

ページTOP