魅力の介護業界と介護福祉士の役割

介護福祉士資格について

日常生活に扶けが必要な高齢者や障害者に対して食事や入浴などの介護を行う専門的な知識や技術を持つ人を介護のプロとして認める国家資格が介護福祉士です。介護職のスキルアップを考えている人に最適の資格ですが、筆記試験と実技試験にクリアしなければいけません。資格取得までのポイントを具体的にご紹介していきます。

サイト立ち上げのきっかけ

高齢化社会の日本では扶けを必要とする高齢者や障害者の人が増え続けていますが、それに対する介護職員の不足は社会問題となっています。そこで、介護の職場で働く人のレベルアップと介護業界に興味を持つ他業種の人たちに介護福祉士という国家資格をご紹介するとともに、介護業界への転職のきっかけにしてもらおうと本サイトを立ち上げました。本サイトへの問い合わせはbe_a_careworker@yahoo.co.jpまでお願いします。

介護業界の魅力

介護業界の魅力

介護業界の魅力

需要増で右肩上がり

需要増で右肩上がり15/11/06

近年進行中の少子高齢化は、介護業界に大きな影響を与えています。高齢者の人口増加は、2025年には後期高齢者で溢れ返ることが予想されています。そのことから、介護業界では事業継承、買収、異業種参入など動きが活発化しています。今後、介護業界の拡大はさらに続くと考えられ、人材の確保も急務となり、ますます期待が寄せられる業界であると言えるでしょう。そのことから、介護業界は将来性のある魅力的なお仕事言えるでしょう。需要増で右肩上がり

IT化にも負けない

IT化にも負けない15/12/16

日本では、4人に1人が65歳以上という「超高齢社会」を迎えています。このような社会状況に伴って、高齢者介護の需要も急増中です。介護現場では人手不足が深刻で、今後ますます人手不足は加速すると考えられています。そんな状況を打開すると期待されているのが「介護ロボット」ですが、その期待とは裏腹に介護現場では「介護ロボット」の導入が進んでいないのが実情です。なぜ「介護ロボット」の導入は進んでいないのでしょうか?IT化にも負けない

まずはチェック!

ページTOP